Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>






qrcode



大好きな彼を手に入れる 恋愛のルール 彼の気持ちを取り戻す方法―別れた、振られた、距離を置かれた… メール恋愛 彼の心を引き寄せるメールテクニック 男を夢中にさせる 恋愛のルール Dr.沖川の恋する九星占い―彼と幸せになる法則 彼のココロが読み解ける本―7000人を幸せに導いた占い師が伝授!

カウンター
無料カウンター
過去の記事はカテゴリ欄よりお読みください。
川越占い館 彩先生のブログも始りました。


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2014.01.21 Tuesday | - | - |

けなげメール
09:03
けなげメール
○○さんへ。

自分の素直な気持ちを分かってもらおうと思いまして、何回かメールを送りました。
迷惑がかからないように、返事を期待しないで、メールを送り続けた私を許して下さい。

でも・・返事が来ないことは当たり前だと思ってたのですが、やはり返事がないと辛く淋しいです。
自分のどこが悪いのか、何がいけないのか私は本当に○○に嫌われてしまったのかと女としてとても悲しい気持ちです。

それでも・・私は○○が好きです。その好きな気持ちは自分でもどうしていいか分かりません。それが辛くて苦しいのです。

どうか教えてください。私は○○にとってダメな女なんでしょうか。

助けてください。
自分でもどうしていいか分かりません。
ゴメンナサイ。こんなメールを送って。。。

もし、あなたに好かれてなくてもわずかな返事を頂けることで私は救われます。
明日の生きる喜びになります。迷惑でなければ返事を期待させてください。

絵里。


このメールは男性にとっては重いメールと、ほとんどの女性が思うだろう。
確かに別れたすぐ後にこんなメールがくると男は引いてしまう。もう二度とこの女とは戻りたくないと思うだろう。しかし、絵里は別れてから期日が立っている。久しぶりに復活したメールも彼の気持ちを配慮した軽めのメールばかり送った。だが、彼は無視を続ける。
無視を続ける彼にはインパクトの強い感情注入が必要になる。その彼に対する感情注入の方法は、傷ついた、けなげな女である。

| 2007.05.20 Sunday | けなげな女 | comments(0) |

けなげな女
18:58
けなげな女



「けなげな女」今は忘れかけた言葉。
離婚が多い時代、恋人がすぐに別れる時代、このけなげな女像はそれを救うことができる最後の手段かもしれません。
これからブログ化していきますが、おそらく多くの女性には評判が悪いことでしょう。
見方を誤ると「男の都合の女」に見えてしまうからです。
でも、別れが多い時代。男と女の性格や感情の部分で何か忘れている大切なことを思い出していただきたいのです。
「けなげな女」
実は、男はけなげな女に一番弱いのです。
そんな女なら、一生大事にします。
女性が考えていることと男性の考えはは違うのです。
それをブログで少しずつ明かしていきます。

| 2007.05.07 Monday | けなげな女 | comments(0) |

けなげな女になるために
18:57
けなげな女になるために



1、彼を不当にコントロールしないこと
2、彼の考えを尊重すること
3、彼の贈り物を喜んで受け取り、感謝すること
4、将来の目標は彼に任せること
5、自分を磨き、目的を達成すること




けなげな女とは



1、小言を言うかわりに、傷つきやすく、
2、コントロールするかわりに信頼し、
3、要求するかわりに敬意を払い、
4、不満を言うかわりに感謝をし、
5、疑うかわりに信じる女性のことである。

| 2007.05.07 Monday | けなげな女 | comments(0) |

1、彼を不当にコントロールしないこと
18:56
1、彼を不当にコントロールしないこと



もし、自分が指導権を握っていれば、もっと物事は思うようになるはずだという子供っぽい考えを持つ女性が意外と多い。
自分のまわりで起きることをコントロールしながら生きてきた人は、そんな自分の行動になかなか気づかない。
例えば、彼は仕事で失敗をするかもしれない、車をぶつけるかもしれない、健康に気を配らないかもしれない、生活がいいかげんなところがある、と思っていることを本人の前であからさまに言ったりすれば、それは悪い結果をもたらすだろう。
何故、そうやって女性は親しくなるにつれ、男性に口出しすることが多くなるのだろう。それは、「あなたのために私がここにいる」と自分を正当化するためだ。
このように自分を正当化するのは、相手が信用できないことをなんとか隠そうとしているからである。なかなか人を信用できないという人は自分の中にある恐怖心に反応しているのだ。その恐怖心は、自身のもろさを隠そうとして長い間しみついた条件反射である。自分のもろさをさらけだすのはみっともないと思っている。自分のもろさをさらけだすかわりに彼をコントロールすることを選ぶ。



あなたは、彼が信用できないと思って彼に不満をぶつけ、彼の気持ちをコントロールしようとした。そして、結果はどうでした。見事、彼に嫌われ失恋した経験をお持ちではないですか?そのコントロールはあなたには正当でも彼には不当なのです。



男性の本脳からも指導権は男が握りたいと強く望んでます。言葉に託すと、
「男のやることに、いちいち口を出すな」です。
そして、最後に「オレを信用しろ」です。
すみません、最後に汚い言葉で、でもこれが男性の正直な考えです。
男性は、愛する女性に自分だけはとことん信用してほしいのです。
自分をとことん信用した女性を男性は裏切ることはないというくらいありません。
ですから、彼を信用するなら微塵の疑いも待たないでとことん信用することです。



あなたは、不満かもしれません。私ならこうすれば、もっとよくなる。男が考えるよりわたしの方が正しいのにと思うかもしれません。しかし、あなたが賢くなって彼に指導権を握らせば、逆に彼はあなたの要求を素直に聞きます。それが男です。結局はあなたの望み通りになります。

| 2007.05.07 Monday | けなげな女 | comments(0) |

1、彼を不当コントロールしないことの続編
18:55
1、彼を不当コントロールしないことの続編



彼は、自分の思い通りにならないと理解すれば心が楽になる。彼もそんな気遣いのあるあなたを大事にする。確かに男性は女性にとって、どうしても許せない欠点や性格、態度があるだろう。しかし、それは直らないと覚悟しよう。その欠点も含めてあなたが彼を好きになれれば本物である。もし、どうしてもその欠点が許せない、このままじゃあ一緒にやっていけないと思うのなら彼と別れればいいことである。



男の欠点は直らない。



それを、あなたが無理してコントロールすることで、二人の間に亀裂が生じる。
そうはいっても、好きになってしまった相手といくら欠点が許せないといって簡単に別れることはできないだろう。で、あれば、話し合いが必要になる。男は自分の欠点が相手に不安と心配をかけていることすら分からないことが多い。その意味が納得すれば、その欠点を直そうと努力する。それは協議の上である。協議、ずいぶん固い言葉だが、男の話し合いはすべて協議の上(お互いの言い分を聞いたすえ)双方納得の上合意する。まるで会社の会議みたいである。それを男と女の恋愛に持ち込まないで、と思うかもしれないが、女性の皆さんが気づかないだけで、協議は重要であることを認識しよう。



さて、その話し方だが、男は理論で納得したものはそれを実行する。と理解しよう。



その理論とは男が気持ちよく納得したものに限る。そう、気持ちよく納得したもの、けなげな、もろさのある女の願いである。



 いちばんいけないのは、感情的になって相手を責めながら、バカにしながら、批判しながら、相手に要求をつきつけると、「誰がこんな女のいうこと聞くか!」である。



 あくまでも、男と話をするときは、落ち着いて、冷静になって素直に熱く相手に語るべきである。そして、最後まで冷静さを失わないこと。これがポイントである。



 もしあなたが、そのテクニックさえみにつけば男は自由にコントロールできる。冷静な理論の末、納得した男はそれを遂行するよう脳がプログラムされている。



 話し方ひとつで、男が気持ちよく女性の要求を聞き入れてくれるようあなた自身がその技術を磨けば、ものすごく、面白いことが起きますよ。



 恋愛は楽しまなくちゃあ。

| 2007.05.07 Monday | けなげな女 | comments(0) |

2、彼の考えを尊重すること
18:54
2、彼の考えを尊重すること



人間は信頼されれば、相手の信頼に答えようとするものだ。
また、彼の自信はあなたの「尊敬」の一言でつくられる。
人は尊敬されれば、もっと能力を発揮する。
彼に敬意を払うこと、あなたが選んだ彼は、あなたの愛と尊敬を受けるのにふさわしい男性のはずだ。「彼はあなたが選んだ男性ですよ」それを忘れないでください。
もし、彼があなたをないがしろにして、あなたが彼に不満であれば、あなたは選ぶ男性を自ら間違えたと告白しているようなものである。



 もうすぐ彼の誕生日。
世界中の男が喜ぶプレゼントをここに紹介しよう。
そのプレゼントはどんな高価なものより、勝ったプレゼントです。
それは、
自分を信頼して愛している女性からの「尊敬」です。



最後に、
彼の言葉に耳を傾けなさい、たとえ彼の言うことに賛成できなくても、彼の考えをないがしろにしてはいけない。

| 2007.05.07 Monday | けなげな女 | comments(1) |

3、彼の贈り物を喜んで受け取り、感謝すること
18:53
3、彼の贈り物を喜んで受け取り、感謝すること



男性はたまに女性にプレゼントしたい気分がある。
お金がなくて、高価なものは買えないが、ふとプレゼントしたい気分のときがある。
それは、コンビニで売っている100円のチョコレートかもしれない。いささか、こんな安物で彼女が喜ぶかは分からないが、男はそれでも彼女なら喜ぶであろうと期待をこめてそのチョコレートを買う。その安いチョコレートを渡して彼女の反応を確かめるのだ。
 
 「うわー、私チョコ大好き、ありがとう」と屈託のない可愛い笑顔で受け取ってくれると「やったー」である。よーし、今度はもっと良いものをプレゼントするぞ!彼女はプレゼントし甲斐があると頑張るのである。



 それに反して、え、こんなもの、私ダイエット中だからいらない。と男の期待と反するリアクションが返ってくると、もうプレゼントする気がなくなる。また、男のプレゼントに無反応な女にも男はプレゼントし甲斐がなくなる。



 男性は、いつか彼女の望む高価なプレゼントをしたいという願望がある。もちろん自分の経済能力の範囲内である。その心理は彼女の感謝に満ちた喜ぶ顔を見たいからだ。それが、感謝をしない女性に対してはそんな気持ちもなくなる。どうせ何プレゼントしてもこの女性は感謝しないだろう。喜ばないだろう。逆にプレゼントした自分がみじめになると。



 男性の心理に女性を喜ばせたいという心理がある。その手っ取り早い方法がプレゼントである。そのプレゼントはあなたが望んでいるものとかけ離れているかもしれない。それでもあなたが賢い女性なら、それを喜んで受け取ろう。そして心から感謝することだ。男性の女性を喜ばせたいという心理をよく理解することである。



 たかが、安物のプレゼントとあなどってはいけない。
男のプレゼントは自分の分身みたいなものである。それを拒否されると、まるで自分が拒否された気分になる。屈託のない笑顔で嬉しそうに感謝をこめて受け取ってくれると、男性は自分が彼女に受け入れられた気分になる。「正直嬉しいのだ」

| 2007.05.07 Monday | けなげな女 | comments(0) |

4、将来の目標は彼に任せること
18:52
4、将来の目標は彼に任せること



 二人の将来の目標・夢は彼に任せたほうがいい。
 (いつ、結婚する?も含めてである)



男性は自分なりのペースがある。パッと早く決断するタイプもいれば、慎重でスローペースのタイプもいる。(男性は自分にあったペースが一番実力を発揮できる)



例えば、彼が結婚は5年先だな・・と言ったとしよう。あなたは、待てますか?
彼に全服の信頼を寄せている人なら、私は待てると思います。
彼を信頼していない人は待てないでしょう。



彼が5年先といった言葉は、決して根拠があって約束できるものではないかもしれません。結婚は5年先とは、彼の今の実力がそうさせているのです。今は結婚に責任を持てる実力が彼にないのです。それが5年先という言葉の根拠です。



私が思うに、彼が5年先と言っても何も不安になることはないと思います。少なくても彼がその言葉を発するということは、あなたと将来結婚したいと思っているからです。そのときの女性の返事は「あなたがそう言うのなら」でいいと思います。その間、5年は恋愛できるわけですから、恋愛を楽しむくらいの余裕がほしいものです。



ところが、大半の女性はその余裕がありません。女性にとっての5年は男性の5年と比較にならないほど長いのです。女としての旬な時期は短い、そのあせりからことを急ぐのです。もし、5年後に結婚できなかったら私の女としての人生は終わりだと。



その不安からあせって失敗した女性を数え切れないほど見てます。女性の旬な時期は短い、しかし、あせればあせるほど逆にその旬な時期は通り越していきます。



私の経験からいうと、彼が5年先と言っても気にしなくていいと思います。その彼の言葉に敬意を払い、素直に喜べばいいのです。「あなたがそう言うのなら、5年間二人の付き合い楽しみましょう。よーし私もこの5年間、あなたにもっと好かれるいい女になるために頑張るわ、料理も勉強しなくちゃあ」とちゃめっけたっぷりに返事すればいいのです。



もし、女性がそんなふうな返事したら、「なんとけなげないい女なんだろう」と男は感動します。そして男の心は、5年じゃなく、3年、2年、1年と短くなるのです。



何故?短くなるかというと。彼女が自分を信頼して尊敬しているからです。男は女性に信頼されて尊敬されると実力がアップしていくのです。

| 2007.05.07 Monday | けなげな女 | comments(0) |

5、自分を磨き、目的を達成すること
18:51
5、自分を磨き、目的を達成すること



自分磨きは、目的があってそれをするものである。ただ単に沖川が自分磨きをしないといい恋愛できないよ、と言われて目的も無くするものではない。自分が心の底から求めている自分磨きがあるはずだ。それを磨きなさいと言うことである。



目的が彼でも別に構わない、それはあなたが心から求めたものだからだ。しかし、いったん目的を決めたなら、それが達成するまで最後まであきらめてはいけない。とくに恋愛の相手である男性は、あなたが想像していたより手強いのである。なかなか目的を達成するのは至難のワザだ。だから、面白い。 そう思って自分磨きをすることだ。



不安で、彼のことを朝から晩まで考えても何も解決しないよ。何故解決しないかと言うと、不安の心はすべてがマイナスの心だからだ。そんなことを朝から晩まで考えても無駄である。考えれば考えるほど落ち込むのが人間である。



その不安をどう克服するかが、最高の自分磨きである。そして、自分が女性である心をどうすれば男性が受け入れてくれるかを研究することだ。男は何故女を必要としているのか学ぶことだ。



男の心理を勉強することだ。
あなたが、目的を恋愛対象の彼に絞るのなら、最低そのくらいは学ばないといけない。
 
さあ!、ヒロインの悲劇ごとくマイナスのメルヘンの世界から抜け出そう。その世界にいてもあなたは決して幸せになれないよ。新しい知識の扉を開こう。



今は辛くて、悲しくてそんな気分ではない?
だから、言うのです。辛くて、悲しいときは自分を磨く絶好のチャンスだということを。



騙されたと思ってやってごらん。あなたの世界が変わってくるよ。そこの世界には落ち込んで辛くて悲しんでいるあなたはいない。明るく希望に満ちた、幸福なあなたがそこにいる。そして最後にあなたは目的を達成する。

| 2007.05.07 Monday | けなげな女 | comments(0) |

1、小言を言うかわりに、傷つきやすく、
18:49
1、小言を言うかわりに、傷つきやすく、

男性は、もろくて傷つきやすい女性を保護しよう、助けてやろうとする心理が働くが自分に対して小言を言う女性に対しては助け船をださない。
その男の心理を覚えよう。


小言を言う代わりに、傷つきやすい女性になればいいのである。
男性がいとおしく感じ、心のつながりを感じるのは女性のもろさなのだ。恐れや罪悪感、望み、悲しみをさらけ出すことのできる女性だ。もろさをさらけ出す女性はそのあけっぴろな部分で、逆にその温かさに男性は惹かれるものである。
男性に惹かれる女性になるためには、女のプライドを捨てて傷つく女性に徹することです。



 最近の女性の手相を見ていると、精神的には傷つきやすいのに、負けず嫌いの女性が多くなりました。そう、「男には負けたくないのです」
 あえて、あなたが賢い女性を目指すのなら勝ちを男性に譲ってください。その言葉は誤解を生みますが、賢い女性は勝ちをうまく男性に譲ってます。そしていい男をゲットしてます。これはまぎれもない事実です。



 精神的に傷つきやすいあなたが、女のプライドと負けず嫌いな性格が融合して、男に小言(不満)を言いまくり、彼が答えにきゅうする言葉をどんどん言いまくり、彼を窮地に追い込んでください。あなたは彼に勝ったとしましょう。すると、どうなりますか、彼は反省して、自分が悪かったと素直にあなたに謝りますか、そしてあなたを大切にしますか?
そうではなく、最悪の結果をむかえたのではないでしょうか。



 男に不満を持つのは当然です。あなたとは性別が違うからです。価値観も違うからです。同じ考え・気持ち、同じ価値観ではないのです。だから、男と女は不満要素がいっぱいあるのです。不満をぶつけると、たいてい女性のほうが感情的に強いのです。男の4倍そのときは脳が活性化するわけですから、女性の感情が爆発したときは、男は女に勝てません。そして負けた男は、反省することなく彼女を遠のけようと気持ちが動きます。それが最悪の結果(別れを決心する)方向へと進んでいくのです。



 逆に、小言を言いたいのに「こらえて」女性のもろさを控えめに出されると、男はその女を優しく保護してやろうとするのです。仕事が忙しく、今は会えない、構ってやれないと男が冷たくしても、小言ひとつ言わず、自分を信じて待っている女です。

| 2007.05.07 Monday | けなげな女 | comments(0) |